効果的に肌を白くする方法とは?<食事・食べ物編>

肌を白くするクリーム

肌を白くしたい時には、美白効果のある
スキンケアアイテムを使うだけでなく、
体の内側からもケアするとより効果的です。

 

 

肌を白くする食べ物や成分

 

ビタミンC

 

多くの美白化粧品に配合されているビタミンCですが、
食事などから摂取することでも美白効果を発揮します。

 

特に野菜や果物に多く含まれている水溶性ビタミンの一種で
優れた抗酸化作用を持っているため、老化を予防して
シミの改善や肌のハリ感を高めるのに有効です。

 

ビタミンCは紫外線によって活性化しメラニンを生成する
チロシナーゼの働きを阻害することで、色素沈着を防ぎ
シミやくすみを予防、改善します。

 

他にも皮膚や粘膜の健康を維持したり、免疫力を高めたり、
ストレス解消効果も期待されます。

 

水溶性のため多く摂りすぎても自然と体外へ排出されるため
積極的に摂取するようにしましょう。

 

<ビタミンCを含む食べ物>
レモン、アセロラ、キウイ、いちご、いよかん、はっさく、
パイナップル、キャベツ、ゴーヤ、赤ピーマン、じゃがいも、
ちんげんさい、ほうれん草、カリフラワーなど

 

 

ビタミンE

 

強い抗酸化作用を持つビタミンで、活性酸素による
ダメージを防ぐ働きがあります。

 

老化予防に効果的で「若返りビタミン」とも呼ばれています。

 

ビタミンC同様に、メラノサイトのチロシナーゼという酵素の
働きをブロックすることでメラニンの黒色化を防ぎます。

 

脂質の酸化を防ぐ効果などもあり、くすみも予防します。

 

<ビタミンEを含む食べ物>
ナッツ類(アーモンド、ヘーゼルナッツ、ピーナッツ)、
コーン油、ひまわり油、サフラワー油、かぼちゃ、
モロヘイヤ、菜の花、うなぎ、鮎など

 

 

ビタミンB2、B6

 

ビタミンB群の中でも特にビタミンB2、ビタミンB6には
皮膚の健康をサポートする効果がある成分とされています。

 

メラニン生成を抑制し、シミ予防に効果が高いとされている
L−システインの働きに欠かせないサポート成分でも
あるので、同時摂取がおすすめです。

 

<ビタミンB2、B6を含む食べ物>
レバー、牛乳、ヨーグルト、うなぎ、納豆、アーモンド、
卵、きのこ、バナナなど

 

 

β−カロテン

 

緑黄色野菜に多く含まれているカロテノイドの一種で、
優れた抗酸化力を持っています。

 

体内でビタミンAに変換されて、皮膚や粘膜、視力などの
健康維持に役立つ成分です。

 

新陳代謝を促進することでメラニンによる色素沈着を
防ぎ、シミやくすみを予防します。

 

<β−カロテンを含む食べ物>
かぼちゃ、にんじん、ブロッコリー、トマト、すいか、
みかんなどのかんきつ類など

 

 

リコピン

 

近年その健康作用の高さで注目されているカロテノイドの
一種で、赤色の天然色素です。

 

抗酸化力が強く、活性酸素を除去する作用があるため、
シミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を
抑制してくれ、肌に透明感を引き出します。

 

他にも血流改善や生活習慣病予防に優れた効果を発揮します。

 

<リコピンを含む食べ物>
トマト、すいか

 

 

アスタキサンチン

 

リコピン同様、赤色の天然色素で高い抗酸化力を持ちます。

 

紫外線やストレスによって発生してしまう活性酸素を
除去する力が強く、ビタミンEの約1,000倍の抗酸化力が
あると言われています。

 

美白&美肌効果の他にアンチエイジングやメタボ予防、
眼精疲労や眼疾患の予防にも有効に働きます。

 

<アスタキサンチンを含む食べ物>
鮭、いくら、カニ、エビ

 

 

これらを食事の中で意識的に摂っていくことがとても効果的
ですが、なかなかうまく取り入れられないという場合には
美白効果のある成分を含む「美白サプリメント」を
活用することもおすすめです。

 

 

 

 

 

関連ページ

一体何をすればいいの!?肌を白くする方法を知っておこう!
肌を白くするするためには何をすれば一番効果があるのか、その方法をご紹介しているコラムです。
肌を白くするクリームに配合される成分とその美容効果
肌を白くするクリームにはどのような成分が配合されているのでしょうか?また、気になる美容効果についてもご紹介しているコラムです。
肌を白くするクリームの効果的な使い方と副作用について
肌を白くするクリームにの使い方についてご紹介しています。また、副作用が気になる方も一読ください。