肌を白くするクリームの効果的な使い方と副作用について

肌を白くするクリーム

ここでは、肌を白くするためのクリームをより効果的に
使う方法や、副作用の危険性などについて紹介します。

 

 

肌を白くするクリームの効果的な使い方

 

・使用目安量/使用回数

 

使用量や使用回数については、商品ごとに目安として
記載されているものを守って使うようにしましょう。

 

クリームなどの場合、量が少なすぎると十分な美白効果が
発揮されませんが、より多く塗ったとしてその美白効果が
上がるわけではないので適量を塗ることが大切です。

 

 

・使い方のポイント

 

使用方法は基本的に商品ごとに推奨された使い方を
することが大切です。

 

しかし、美白効果を求めてスキンケアを行う場合は
次のようなポイントを意識するようにしましょう。

 

 

保湿はたっぷりと行う

 

肌を白くするクリームを使う時は、その前に化粧水や
プレ化粧水などを使って肌にたっぷりと水分を補給して
おくとより効果的です。

 

美白には美白成分だけでなく保湿も重要だということは
広く知られているように、肌にうるおいが保たれていることは
透明感を引き出すために大切です。

 

 

肌に塗る時は力を入れないこと

 

シミやくすみなど肌の色素沈着はメラニン色素が沈着して
しまうことが原因ですが、そのメラニンが生成されるのは
紫外線による影響だけでなく、ストレスや肌摩擦などの
刺激によっても起こります。

 

そのため、スキンケアをする時にもゴシゴシとこするように
クレンジングしてしまったり、シミなどに力を入れて
クリームを塗り込んだりすると逆効果になる可能性も。

 

顔全体にクリームなどを塗る場合は、手のひら全体を
使って、優しく包み込むようにのせるようにしましょう。

 

シミや目元など細かい部分に塗ったり、マッサージを
する場合には、力の入りやすい人差し指は使わずに
中指や薬指の腹を使って優しく塗ってください。

 

 

特に濃いシミ、しつこいシミには重ねづけする

 

肌を白くするクリームを使う時、特に気になる濃いシミや
長年放置してしまったシミなどに使用する場合は、
顔全体に塗った後、指の腹などで優しく叩き込むようにして
シミ部分に重ねづけするとより効果的です。

 

 

肌を白くするクリームの副作用や危険性

 

肌を白くするクリームを使う場合に気をつけるべき副作用や
危険性は特にないとされています。

 

ただし、肌に直接つけるものなので、肌質や体調によっては
肌に赤みやかゆみなどの異常があらわれる可能性もあります。

 

その場合は無理に継続せずに使用を中止し、皮膚科医などに
相談するようにしてください。

 

また、アレルギーをお持ちの方などは配合されている成分を
事前に確認して、不安がある場合はかかりつけの医師に
相談するようにしてトラブルを防ぎましょう。

 

 

肌を白くするクリームの選び方

 

・コスパや使いやすさで選ぶ

 

肌を白くするクリームの共通点としては、当然のことながら
美白作用のある成分が配合されているということ。

 

逆に言えば、それ以外は非常にさまざまな特徴を
持っているため、自分にとって使いやすいものを
選ぶことが出来ます。

 

例えば顔のスキンケアアイテムを選ぶ時にも、化粧水から
乳液、美容液、クリームなどラインで揃っているものを
すべて使ったり、そのすべてが入るオールインワンアイテムを
選ぶことも出来ます。

 

美白ケアで大切なのはやはり継続することなので、
コスとパフォーマンスのよさや使いやすさも
選ぶ上で非常に大切なポイントです。

 

 

・使用部位に応じて使い分ける

 

肌を白くするクリームには、顔やデコルテに使えるもの、
全身のケアに使えるもの、乳首やデリケートゾーンに
使えるものなどさまざまな種類があります。

 

商品によって、配合されている美白成分も異なりますし、
敏感肌用のもの、デリケートゾーンにも使える低刺激性の
ものなどがあるので、使用したい場所に応じて
商品を使い分けるとより効率的に美白することが出来ます。

関連ページ

一体何をすればいいの!?肌を白くする方法を知っておこう!
肌を白くするするためには何をすれば一番効果があるのか、その方法をご紹介しているコラムです。
肌を白くするクリームに配合される成分とその美容効果
肌を白くするクリームにはどのような成分が配合されているのでしょうか?また、気になる美容効果についてもご紹介しているコラムです。
効果的に肌を白くする方法とは?<食事・食べ物編>
肌を白くする貯めに効果的な食べ物についてご紹介しています。肌ケアと同時に食生活にも気を付けるとより効果的です。