肌を白くするクリームに配合される成分とその美容効果

肌を白くするクリームの成分と効果

プラセンタエキス(薬用美白成分)

肌を白くするクリーム

哺乳類の胎盤から抽出される成分で、美肌効果が
高いことで知られ、近年人気を集めている成分です。

 

たんぱく質やアミノ酸、ビタミン、核酸、ペプチドなど
さまざまな栄養素を豊富に含んでおり、美白、保湿、
アンチエイジングと肌を美しく保つために必要な効果を
兼ね備えている万能成分でもあります。

 

メラニンの生成を防ぐだけでなく、日焼けによるダメージを
回復させたり、過剰につくられたメラニンの排出にも
効果を発揮します。

 

 

ビタミンC誘導体(薬用美白成分)

肌を白くするクリーム

抗酸化力が強く美白効果が高いことで知られるビタミンC
ですが、成分自体が壊れやすく不安定な特性を持っているので
化粧品に配合しても十分な効果が発揮されません。

 

その欠点を補い、ビタミンC自体の効果を損なわないように
改良されたのが「ビタミンC誘導体」です。

 

そのままでは肌に吸収されにくいビタミンCですが、
誘導化させることで浸透力を高めて、肌の内部でビタミンCに
変化させる働きを持っています。

 

ビタミンC誘導体には、ビタミンCの持つ抗酸化作用をはじめ、
ターンオーバーを促進してメラニン色素の沈着を防いだり、
皮脂の分泌をコントロールする働きなどがあります。

 

コラーゲンの生成をサポートする働きもあるため、
シワやたるみの改善にも効果を発揮します。

 

 

アルブチン(薬用美白成分)

肌を白くするクリーム

メラニン色素をつくる酵素であるチロシナーゼに働きかけ、
シミやそばかす、くすみを予防します。

 

サンタベリーやウワウルシ、マッシュルームなどの
植物に含まれる成分で、紫外線やストレスによって発生する
活性酸素のチロシナーゼへの影響を阻害します。

 

 

トラネキサム酸(薬用美白成分)

肌を白くするクリーム

シミの一種である肝斑に高い効果を発揮するとして、
内服薬などでも処方されている成分です。

 

メラニン色素の生成を抑制し、炎症を抑える働きが
あるため、紫外線ダメージによる肌荒れやシミ、そばかすを
予防、改善する効果があります。

 

 

米ぬかエキス

肌を白くするクリーム

玄米を精米する過程で出る外皮や胚によるエキスで、
古くから美肌効果を持つ成分として使われてきました。

 

食用される白米部分よりも豊富な栄養素を含んでおり、
特にビタミンやミネラルがたっぷりと含有されています。

 

抗酸化作用のある成分も多く、さらに新陳代謝を促す
働きもあります。

 

また、米ぬかにはセラミドも含まれているので
肌の水分量をキープしてバリア機能をサポートします。

 

 

ユキノシタエキス

肌を白くするクリーム

多年草であるユキノシタから抽出されたエキスです。
フラボノイドを含んでおり、メラニン生成を抑制します。

 

また、紫外線を受けたことによる皮脂の酸化を防いで、
老化予防にも有効に働きます。

 

 

甘草エキス(グリチルリチン酸2K)

肌を白くするクリーム

美白効果や肌荒れ予防作用が高く、多くの美白化粧品に
利用されているグリチルリチン酸2Kは、甘草から
抽出された天然成分です。

 

血行を促進する効果が高く、肌のくすみを解消して
透明感を引き出すのに有効だとされています。

 

関連ページ

一体何をすればいいの!?肌を白くする方法を知っておこう!
肌を白くするするためには何をすれば一番効果があるのか、その方法をご紹介しているコラムです。
肌を白くするクリームの効果的な使い方と副作用について
肌を白くするクリームにの使い方についてご紹介しています。また、副作用が気になる方も一読ください。
効果的に肌を白くする方法とは?<食事・食べ物編>
肌を白くする貯めに効果的な食べ物についてご紹介しています。肌ケアと同時に食生活にも気を付けるとより効果的です。